Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://matsufukunomondaiji.blog37.fc2.com/tb.php/408-e1f8ea64
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

足跡を見る

シンガポールから帰ったあたりから
ずっと疲れがとれなくて
しかもそれが見える部分に結果として出てたんで
けっこう皆に心配されてたけど
その体調も8割方は回復って感じ

やっぱ人間
美味しいもん食べて
がっつり寝たら
薬に頼らなくてもなんとかなるもんだ


あと、美味しいもんと言えば
今日の晩御飯に行った『ヘブンカフェ』で
奥さんから

『試しに作ってみたからどーぞヾ(゚∀゚)ノ゙』

って佃煮をいただく


ほのかに香るみりんの甘い香り
小粒でも存在感のあるゴマ
キチンと己を主張するメインの小魚
そして、味にアクセントをくれる鰹節


まじ美味いぞー!
オオオオ。+゚+。ヽ(゚Д゚)ノ。+゚+。オオォォォォォ!!!



もちろん
メインディッシュとして頼んだ
チキンカツの甘酢あんかけも大変美味しゅうございました



いかんなー
このペースで通うと
以前に比べて一月の食費が
ガッと上がりそう




具体的には千円くらい





ずっと体調が悪くて
テンションがすっかり落ち着いているのと

昼からずっと降り続いている雨のせいで
思考がちょっとセピア色な感じ

なので、このままちょっと
後半では真面目なことを書いてみようと思う

昔、このブログで書いた記事を読んで
今の自分ならどういう言葉で表現するのかって試み


今日も推敲もせずにただ書き流すので
すっげえ無駄に長い



『最後まで釣り上げる』から後半へ
しつこいだろうけど俺はクリスチャンです


で、正直な話
今の俺がクリスチャンであるということには
親父が牧師、母親もクリスチャンっていう
家庭環境が大いに関係あると思う

もちろん、クリスチャンになるかどうかっていう
最終的な選択は親とか周りとか関係なしに
自分でしたと思ってるけど

小さい頃から教会に通っていて
神様っていう存在が当たり前だった俺の生活
クリスチャンになるきっかけが常に身の回りにある

そういう環境にいたのは事実


だから、今の環境になかったら
少なくとも両親がクリスチャンじゃなかったら
23歳の俺と教会の接点は皆無だと思う

俺の友達の多くは
俺以外に教会との接点を持ってない…はず



だからちょっとだけ『もしも』を考える

『もしも』親父が牧師じゃなかったら
俺は牧師を目指したのかどうか

『もしも』両親ともクリスチャンじゃなかったら
俺はクリスチャンになったのかどうか


自分の今までの足跡を見つめて
そこから別の道に残る足跡を想像してみる

小学校に入る前の自分はどうか
中学生となった自分はどうか
高校、大学、そして卒業後の進路

そうした『もしも』を進めていくけど
いっつもちゃんとした終わりを想像せずに終わる

結局、クリスチャンじゃない自分のまま終わらせることが出来ない


それはつまり
今の自分が大好きってことなんだろうなあ

自分のことが大好きで仕方がない
自分大好き人間



でも
そんな自分が大好きなヤツでも
自分の行動を反省して
情けなくて仕方がなく感じることが多々ある

言い換えれば自己嫌悪


自分のことが大好きだから
自分に対する期待が大きくなるから
それを裏切ったときの反動が大きくなる


牧師になるための過程として
今こうやってマレーシアで学びをしているけれど
『これが将来牧師になるクリスチャンだ!』って
胸を張っていえるほど
俺はしっかりしたクリスチャンじゃないです


自己嫌悪に陥るようなヘマを
日常茶飯事に起こす日々


今日の出来事で自己嫌悪になって
昨日の出来事で自己嫌悪になって

一年前のことを後悔し
四年前のことを後悔し

クリスチャンになる前の
すでに清算された

クリスチャンになる前とは違う意味をもったはずの
十数年以上前の失敗を思い出すと
どうしようもないくらい気が落ち込む

俺の残してきた足跡は
人に誇れるほど綺麗なものではなく
明日つくるであろう足跡も
たぶん、そんなに綺麗なもんではない


そんな弱い自分がどうして大好きなのか



それを支える

『完全な人間より不完全な人間のほうが人間味がある』

『欠点があるってことはさらに成長できる部分があるってこと』

『たとえ困難があったとしてもそれを乗り越えたとき、ほかの誰も経験できないような感動を味わえるはずだ』

っていう三つの理由をもっていた時期もあったけど



正直な話
不完全であるよりは完全でありたい
欠点なんかいらないから、全てのことを万能にこなしたい
確かに乗り越えた後は楽しいけど、それまでが辛くて嫌になる


ありきたりなポジティブシンキングでは
本音の部分で簡単につまづく
ひっかかる


なんで、そんな自分を好きでいられるのか…

そこを支えるのが
結局、『信仰』なんじゃないかなあ


自分にとっての『信仰』っていうのは
まだ言葉で説明しきる自身がないから
それについて語るのは次にするけど

その土台があるから

『私の目には
あなたは高価で尊い
私はあなたを愛している』

という言葉を、存在を受け入れることができる

こんな俺でも愛してくれる存在がいる
そのために死んでくれた存在がいる
そしてその存在は
俺には理解出来んようなすごい存在


そんな存在が愛してくれるのなら
ろくな足跡しか残せない自分ではあるけれど
胸をはって良いと思う





当たり前のように文章まとまってないし
何が伝えたかったのかわからんくなってきたので
とりあえず、ここまで

次に書くであろう
『信仰』と『聖霊』に関しては
ちゃんと練ってから書き始めるつもり


このままだと綺麗にしまらないので
他人の力を借りてしめる




Footprints (足跡) マーガレット・F・パワーズ

ある夜わたしは夢をみた 
私は主とともに渚(海岸)を歩いていた
暗い夜空にこれまでの私の人生が映し出された
どの光景にも 砂の上に二人の足跡が残されていた
一つは私の足跡 もう一つは主の足跡であった

これまでの人生の最後の光景が映し出された時 
私は砂の上の足跡に目を留めた
そこには一つの足跡しかなかった
私の人生でいちばん辛く悲しい時だった

このことがいつも私の心を乱していたので 
私はその悩みについて主にお尋ねした
「主よ 私があなたに従うと決心した時 あなたは全ての道において
私とともに歩み私と語り合ってくださると約束されました
それなのに 私の人生の一番辛い時一人の足跡しかなかったのです
一番あなたを必要とした時に あなたが
なぜ私を捨てられたのか 私には分かりません」

主はささやかれた
「わたしの大切な子よ わたしはあなたを愛している
あなたを決して捨てたりはしない
ましてや 苦しみや試みの時に 足跡がひとつだった時
わたしはあなたを背負って歩いていた」





ブログランキングに投票


子どもブログランキングに投票

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://matsufukunomondaiji.blog37.fc2.com/tb.php/408-e1f8ea64
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

プロフィール

けいじ

Author:けいじ
・結構前からクリスチャン
・故郷は愛媛県が松山市
・大雑把だが時々凝り性なO型
・周囲の説得により
 自分が変人であることを認知
・和菓子とお茶の似合う男
・チーズの存在が許せない
・しかし牛乳は大好き
・2010.5月からマレーシアに留学
 →現在、帰国して充電中
・皆さんのコメントが欲しいお年頃

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。